40代,50代でタンスに眠った着物をお持ちの方へ!これからが勝負ですよ。

サイドメニュー ,

160514_1

私の勝手な考えだけではないと思うのですが、いま40,50代くらいの方々は、タンスに一着は着物を持っているのではないかと思うのですがいかがでしょうか。この世代の方々は、親からの譲りものといいますか、必ずとは言えませんが結婚のときなどのお祝いで着物を一着、親からゆずりうけるといった風習もあるようです。

160514_6

せっかくの着物を持っていてもタンスの奥深くに眠ってしまっているとき、よく耳にするのは『着物のデザインが古臭くて…』です。そんな着物、ありませんか?実はこのような考えから着物を着る機会を自ら絶ってしまっている方も少なくないようです。

着物は小物で蘇ります!

160514_10
着物は、小物(伊達襟、帯締、帯揚)をちょっと変えてみるだけで、着物全体のイメージを簡単に変えてしまうことができます。

20代,30代で無理に着物が着なさいとはいえませんが、やはり40,50代になったらもう一度着物を着たいと思えるときが必ずやってくることでしょう。

160514_4

この世代まできたときの、例えば結婚式やお祝いのお呼ばれのときにさっと着物を羽織れたら、きっと着物を着ることがもっと楽しくなるかもしれません。もしもタンスに眠っている一着の着物がありましたら、まずはアキヘアーに一度ご相談ください。

昔は着物はビビットなもの
今はソフト?アースカラーを

160514_8


電話で予約する